ACU-T:3201 太陽放射と熱シェルのチュートリアル

このチュートリアルでは、AcuSolveHyperWorks CFDを使用した、太陽輻射と熱シェルが関与するCFDシミュレーションの設定について説明します。このチュートリアルを開始する前に、HyperWorks 入門チュートリアルである ACU-T:1000 HyperWorksユーザーインターフェースをすでに完了しHyperWorks CFDAcuSolveの基本を理解しているものとします。このシミュレーションを実行するには、ライセンス供与済みバージョンのHyperWorks CFDおよびAcuSolveにアクセスできる必要があります。

このチュートリアルを実行する前に、ここをクリックしてチュートリアルモデルをダウンロードしてください。 ACU-T3201_Atrium.x_t およびSolarLoad.dat をHyperWorksCFD_tutorial_inputs.zipから抽出します。

問題の説明

ここで扱う問題をFigure 1に図示します。このモデルは、中心部に1つの長椅子と複数の椅子があるアトリウムで構成されています。空気は吸気口を介してアトリウムに流れ込み、排気口から出ていきます。アトリウムの前方部分は、アルミニウムフレームで支持されているガラス壁で構成されています。このアルミニウムフレームは熱シェルとしてモデル化できます。したがって、このチュートリアルでは、HyperWorks CFDで非定常太陽輻射シミュレーションと熱シェルを設定するプロセスについて説明します。


Figure 1.

太陽輻射パラメータ

AcuSolveは、太陽熱流束を計算するための理想的な灰色サーフェス太陽輻射モデルを使用します。流束は、光線追跡アルゴリズムと、正透過( τ s MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqiXdq3aaS baaSqaaiaadohaaeqaaaaa@38DF@ )、拡散透過( τ d MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqiXdq3aaS baaSqaaiaadsgaaeqaaaaa@38D0@ )、鏡面反射( ρ s MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqyWdi3aaS baaSqaaiaadohaaeqaaaaa@38DA@ )、拡散反射( ρ d MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqyWdi3aaS baaSqaaiaadsgaaeqaaaaa@38CB@ )、および吸収( α MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqySdegaaa@3795@ というサーフェスの5つの光学特性を使用して計算されます。


Figure 2.
正透過は、光子が方向を変えずにまっすぐサーフェスを通過する場合に生じます。拡散透過では、光子はサーフェスを貫通しますが、その放出エネルギーは、半球上で均等な立体角分布で分散され、投射先のサーフェス領域によって重み付けされます。鏡面反射の場合、反射角と入射角が一致します。拡散反射は、放出エネルギーが分散される半球が入射光子と同じ側のサーフェスにあることを除いて、拡散透過と同じです。最後に、光子はサーフェスによって吸収される場合があります。この5つの相互作用は、以下の制約を受ける5つのサーフェス特性に関連付けられます。(1) τ s ( θ ) + τ d ( θ ) + ρ s ( θ ) + ρ d ( θ ) + α ( θ ) = 1 MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqiXdq3aaS baaSqaaiaadohaaeqaaOGaaiikaiabeI7aXjaacMcacqGHRaWkcqaH epaDdaWgaaWcbaGaamizaaqabaGccaGGOaGaeqiUdeNaaiykaiabgU caRiabeg8aYnaaBaaaleaacaWGZbaabeaakiaacIcacqaH4oqCcaGG PaGaey4kaSIaeqyWdi3aaSbaaSqaaiaadsgaaeqaaOGaaiikaiabeI 7aXjaacMcacqGHRaWkcqaHXoqycaGGOaGaeqiUdeNaaiykaiabg2da 9iaaigdaaaa@57CD@
ここで、
τ s MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqiXdq3aaS baaSqaaiaadohaaeqaaaaa@38DF@
正透過
τ d MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqiXdq3aaS baaSqaaiaadsgaaeqaaaaa@38D0@
拡散透過
ρ s MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqyWdi3aaS baaSqaaiaadohaaeqaaaaa@38DA@
鏡面反射
ρ d MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqyWdi3aaS baaSqaaiaadsgaaeqaaaaa@38CB@
拡散反射
α MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqySdegaaa@3795@
吸収
θ MathType@MTEF@5@5@+= feaagKart1ev2aaatCvAUfeBSjuyZL2yd9gzLbvyNv2CaerbuLwBLn hiov2DGi1BTfMBaeXatLxBI9gBaerbd9wDYLwzYbItLDharqqtubsr 4rNCHbGeaGqiVu0Je9sqqrpepC0xbbL8F4rqqrFfpeea0xe9Lq=Jc9 vqaqpepm0xbba9pwe9Q8fs0=yqaqpepae9pg0FirpepeKkFr0xfr=x fr=xb9adbaqaaeGaciGaaiaabeqaamaabaabaaGcbaGaeqiUdehaaa@37AC@
入射角

太陽輻射熱流束を計算するには、太陽輻射サーフェスをその指定サーフェス上で定義する必要があります。

このチュートリアルでは、太陽束の負荷は、AcuSolveで使用可能なacuSfluxスクリプトを使用して生成されたデータファイルの形式で与えられます。このスクリプトを使用して、太陽束ベクトルデータ値の4列の配列でデータファイルを生成できます。このチュートリアルでは、アトリウムでの日の出から日の入りまでのパターンのエミュレートに区分線形タイプが使用されます。

たとえば、地理座標がわかっている位置の太陽負荷データファイルを生成するには、AcuSolveコマンドプロンプトで次のコマンドを入力します: acuSflux -time "dec-3-2019 11:00:00" -tinc 1800 -nts 25 -lat 42.6064 -lon -83.1498 -ndir "1,0,0" -udir "0,0,1"

ここで、
time
GMTでの開始時刻(例:“dec-3-2019 21:00:00”)
tinc
時間増分(秒単位)
nts
個々の時間ステップの数
lat
その場所の緯度(北緯、度単位)(例:45.112または-37.56(37.56 Sと同等))
lon
その場所の経度(東経、度単位)(例:86.26または-54.84(54.84 Wと同等))
ndir
モデル座標での北方向の単位ベクトル(二重引用符で囲む必要があります)(例:“0,1,0”)
udir
モデル座標での上方向の単位ベクトル(二重引用符で囲む必要があります)(例:“0,1,0”)

熱シェルのモデリング

AcuSolveの熱シェルは、サーフェス要素から物理的な厚みがゼロの体積シェル要素を作成する機能です。これは、ソリッド媒体としてモデル化するにはコンポーネントの厚みが小さすぎる場合に役立ちます。熱シェルは、それぞれ異なる厚みと材料モデルを有する複数の層を持つことができます。以下に熱シェルの概略図を示します。


Figure 3.

サーフェス上に熱シェルを定義する場合、境界条件のセットが2つ必要です。1つはPrimary Wall(Shell Inner)サーフェス用、もう1つはShell Outer Wallサーフェス用です。このチュートリアルでは、外側シェルサーフェスが太陽熱流束を受け取るように外側シェルサーフェスに太陽輻射サーフェスが定義され、内側シェルサーフェスはデフォルトの壁としてモデル化されます。

HyperWorks CFDの起動とHyperMeshモデルデータベースの作成

  1. WindowsのスタートメニューからStart > Altair <version> > HyperWorks CFDをクリックしてHyperWorks CFDを起動します。
    HyperWorks CFDが読み込まれると、Geometryリボンが表示されます(デフォルト)。
  2. 以下の方法のいずれかで新規.hmデータベースを作成します。
    • メニューバーFile > Saveをクリックします。
    • HomeツールのFilesツールグループからSave Asツールをクリックします。


      Figure 4.
  3. Save File Asダイアログで、データベースを保存したいディレクトリを指定します。
  4. データベース名として Atrium_Solarを入力して、Saveをクリックします。
    このディレクトリが解析用ディレクトリになり、シミュレーションに関連するすべてのファイルがこの場所に保存されます。

形状のインポート検証

形状のインポート

  1. メニューバーFile > Import > Geometry Modelをクリックします。
  2. Import Fileダイアログで、作業ディレクトリに移動し、ACU-T3201_Atrium.x_tを選択してOpenをクリックします。
  3. Geometry Import Optionsダイアログで、すべてのオプションをデフォルト設定にしたままImportをクリックします。


    Figure 5.


    Figure 6.

    モデルには、前方にアルミニウムフレームで支持される窓ガラスがあるアトリウムが含まれています。空気は前方の屋根にある開口部から入り、後方の排気口から出ていきます。

形状の検証

  1. ジオメトリリボンから Validateツールをクリックします。


    Figure 7.
    Validateツールは、モデル全体をスキャンし、サーフェスおよびソリッド上でチェックを実行して、形状に不具合(フリーエッジ、閉じたシェル、交差、重複、スライバーなど)があればフラグ付けします。

    現在のモデルには、上記のような問題は存在しません。問題が見つかった場合は、ツール名の横の括弧内の数で示されます。

    Validateアイコンの左上に青色のチェックマークが表示されているのがわかります。これは、このツールでは形状モデルの問題は検出されなかったことを示しています。


    Figure 8.
  2. Escを押すか、モデリングウィンドウ内を右クリックして緑のチェックマーク上を右から左にスワイプします。
  3. データベースを保存します。

流れのセットアップ

シミュレーションパラメーターとソルバーの設定

  1. Flowリボンから Physicsツールをクリックします。


    Figure 9.
    Setupダイアログが開きます。
  2. Physics modelsの設定で
    1. Time frequencyをTransientに設定します。
    2. Time step sizeを1sに設定し、Final timeを30に設定します。
    3. Turbulence modelをLaminarに設定します。
    4. Heat transferチェックボックスを選択します。


    Figure 10.
  3. Solver controls設定をクリックし、Maximum stagger iterationsを3に設定します。


    Figure 11.
  4. ダイアログを閉じてモデルを保存します。

材料プロパティの割り当て

  1. Flowリボンから Materialツールをクリックします。


    Figure 12.
  2. 流体領域の材料として空気が割り当てられていることを確認します。
    モデリングウィンドウの左上の凡例には、現在のモデルに割り当てられているすべての材料モデルがリストされます。
    このモデルには1つのボリュームがあるだけなので、デフォルトで流体領域の材料として空気が割り当てられます。


    Figure 13.
  3. ガイドバーで、をクリックしてコマンドを実行し、ツールを終了します。

薄いソリッドの定義

このシミュレーションでは、薄いソリッドとしてアルミニウムフレームをモデル化します。

  1. Flowリボンから Thinツールをクリックします。


    Figure 14.
  2. モデリングウィンドウで、下の画像でハイライト表示されている4つのサーフェスを選択します。


    Figure 15.
  3. マイクロダイアログで、Layer thicknessを0.025に、MaterialをAluminumに設定します。
  4. ガイドバーで、選択されているParent Surfacesの数が4であることを確認し、 をクリックしてコマンドを実行します。
    コマンドが実行されると、変更を反映するように適宜凡例が更新されます。
  5. モデルを保存します。

流れ境界条件の定義

  1. Flowリボンから Constantツールをクリックします。


    Figure 16.
  2. モデリングウィンドウで、下の図でハイライト表示されている給気口サーフェスをクリックします。


    Figure 17.
  3. マイクロダイアログで、下に示されている値を入力します。


    Figure 18.
  4. ガイドバーをクリックし、変更を実行します。
  5. Outletツールをクリックします。


    Figure 19.
  6. 下図でハイライトされているサーフェスを選択し、ガイドバーをクリックします。


    Figure 20.
  7. No Slipツールをクリックします。


    Figure 21.
  8. アトリウム、屋根、前側のガラス壁の3つすべての壁サーフェスを選択します。


    Figure 22. モデルの前側


    Figure 23. モデルの後側

    全部で21のサーフェスが選択されるはずです。

  9. マイクロダイアログで、下の図に示されている値を入力します。


    Figure 24.
  10. をクリックします。新たに表示されたマイクロダイアログで、Nodal Output frequencyを1に設定します。


    Figure 25.
  11. ガイドバーをクリックすると、コマンドを実行し、ツール内に留まります。
  12. ガイドバーで、Surfaces横のドロップダウンをクリックし、選択エンティティをThin Solidsに変更します。
    薄いソリッドを除くすべてのサーフェスの表示が透明になります。
  13. ウィンドウ選択の手法を使用して、すべての薄いソリッドサーフェスを選択します。


    Figure 26.
  14. マイクロダイアログで、下の図に示されている値を入力します。


    Figure 27.
  15. をクリックします。新たに表示されたマイクロダイアログで、Nodal Output frequencyを1に設定します。
  16. ガイドバーで、選択した Thin Solids の数が 4 であること、DirectionがAway from Parent Surfaceに設定されていることを確認しをクリックします。
  17. ガイドバーの選択エンティティをSurfacesに戻します。
  18. Boundaries凡例で、Default Wallを右クリックして、Isolateを選択します。


    Figure 28.
  19. 下の図でハイライト表示されているアルミニウムフレームを除くすべてのサーフェスを選択します。


    Figure 29.
  20. マイクロダイアログで、下の図に示されている値を入力します。


    Figure 30.
  21. をクリックします。新たに表示されたマイクロダイアログで、Nodal Output frequencyを1に設定します。
  22. Boundaries凡例で、Wall 1という名前をダブルクリックしてFloorに変更します。
  23. ガイドバーをクリックします。
    更新されたBoundaries凡例は、以下に示すようなものになるはずです。


    Figure 31.
  24. モデリングウィンドウを右クリックしてShow Allを選択するか、単にAキーを押すことにより、すべてのサーフェスの表示をオンにします。
  25. モデルを保存します。

太陽放射のセットアップ

太陽輻射パラメータの設定

  1. RadiationリボンのSolar RadiationツールからPhysicsツールをクリックします。


    Figure 32.
  2. Solar Radiation Settingsダイアログで、Solar radiation equationをアクティブにします。
  3. をクリックし、ファイルから太陽流束入力を読み込みます。
  4. Open fileダイアログで、filterをDat file (.dat)に設定し、このチュートリアル用に提供されている入力ファイルSolarLoad.datを選択します。
  5. Openをクリックします。
    ダイアログ内のプロットは下の図のようになるはずです。


    Figure 33.
  6. ダイアログを閉じてモデルを保存します。

太陽輻射モデルの定義

  1. RadiationリボンのSolar RadiationツールからModelツールをクリックします。


    Figure 34.
  2. Solar radiation model library をクリックして新しい太陽輻射モデルを追加します。
  3. Name列にBB outと入力し、SideをOutwardに設定します。
  4. 同様にして他のモデルを作成し、下の図のとおりに値を入力します。


    Figure 35.
  5. ダイアログを閉じてモデルを保存します。

太陽輻射モデルの割り当て

  1. Radiationリボンから Surfaceツールをクリックします。


    Figure 36.
  2. 下の図でハイライト表示されている3つの壁サーフェス、給気口、および屋根サーフェスを選択します。


    Figure 37. モデルの前側


    Figure 38. モデルの後側
  3. マイクロダイアログで、Solar radiation modelをBB outに設定し、ガイドバー をクリックします。
  4. 下の図に示されているすべてのガラスサーフェスを選択し、これらにGlassモデルを割り当てて、ガイドバー をクリックします。


    Figure 39.
  5. モデルを回転して、床サーフェスを選択します。マイクロダイアログで、BB inモデルを割り当て、ガイドバー をクリックします。


    Figure 40.
  6. Solar Radiation Model凡例で、Unassignedを右クリックして、Isolateを選択します。
  7. 長椅子、テーブル、および椅子のサーフェスを選択し、これらにBB defモデルを割り当てて、ガイドバー をクリックします。


    Figure 41.
  8. ガイドバーで、選択エンティティをThin Solidsに変更します。
  9. ウィンドウ選択の手法を使用して、4つの薄いソリッドサーフェスを選択し、これらにBB outモデルを割り当てます。


    Figure 42.
  10. ガイドバーで、DirectionがAway from Parent Surfaceに設定されていることを確認し、 をクリックして変更を実行します。
  11. すべてのサーフェスの表示をオンにして、モデルを保存します。

メッシュの生成

このステップでは、メッシュコントロールを指定し、メッシュを作成します。

サーフェスメッシュコントロールの定義

  1. メッシュリボンから Surfaceツールをクリックします。


    Figure 43.
  2. ウィンドウ選択の手法を使用して、モデル内のすべてのサーフェスを選択します。
  3. マイクロダイアログで、Average element sizeを0.15に、Mesh growth rateを1.0に設定します。


    Figure 44.
  4. ガイドバーで、をクリックしてコマンドを実行し、ツールを終了します。
  5. モデルを保存します。

メッシュの生成

  1. メッシュリボンから Volumeツールをクリックします。


    Figure 45.
  2. Meshing Operationsダイアログで、Mesh growth rateを1.1に設定し、Meshをクリックしてメッシングプロセスを開始します。
    Run Statusダイアログが開き、メッシングプロセスのステータスが示されます。
  3. メッシュが生成されたら、Run Statusダイアログを閉じ、モデルを保存します。
    Note: このチュートリアルでは、シミュレーションの実行時間を考慮して、境界層のない非常に粗いメッシュが使用されています。通常は、流れ場および温度場での勾配を適切に解析するための境界層を伴う比較的細かいメッシュが使用される必要があります。

解の計算

節点出力頻度の定義

  1. Solutionリボンから Fieldツールをクリックします。


    Figure 46.
  2. Field Outputダイアログで、Write initial conditionsのチェックボックスをアクティブにします。
  3. Time step intervalを1に設定します。


    Figure 47.

節点初期状態の定義と解の計算

  1. Solutionリボンから Runツールをクリックします。


    Figure 48.
  2. Launch AcuSolveダイアログで、Parallel processingオプションをIntel MPIに設定します。
  3. Optional: プロセッサーの数を、環境に応じて4または8に設定します。
  4. Automatically define pressure referenceオプションを無効にします。
  5. Default initial conditionsメニューを拡張表示します。
  6. Pre-compute flowオプションを無効にします。
  7. Temperatureを288.15に設定します。
  8. すべての値が下の図のとおりに設定されていることを確認します。


    Figure 49.
  9. Runをクリックします。
    解析プロセスが開始されると、Run Statusダイアログが表示されます。
  10. ダイアログでAcuSolve実行を右クリックし、View log fileを選択します。
    実行が完了すると、解析プロセスのサマリーがログファイルに表示されます。


    Figure 50.

HW-CFD Postによる結果のポスト処理

サーフェスグループの作成

  1. 解析の完了後、Postリボンに移動します。
  2. メニューバーFile > Open > Resultsをクリックします。
  3. 作業ディレクトリでAcuSolveログファイルを選択し、ポスト処理の結果を読み込みます。
    ソリッドとすべてのサーフェスがPostブラウザに読み込まれます。
  4. Boundary Groupsツールをクリックします。


    Figure 51.
  5. ガイドバーをクリックして Advanced Selectionを開きます。
  6. ドロップダウンをBy Boundariesに設定し、Thin Solid Wall Floorを選択します。


    Figure 52.
  7. ダイアログを閉じ、ガイドバーをクリックします。
    PostブラウザでUser Definedサーフェスグループの下に2つの境界がグループ化されたのを確認できます。
  8. 新しいサーフェスグループだけを表示して、名前をThinSolid_Floorに変更します。


    Figure 53.

温度コンタープロット

  1. Postブラウザで、ThinSolid_Floor サーフェスグループを右クリックし、Editを選択します。
  2. 表示プロパティマイクロダイアログで、表示をtemperatureに設定し、Legendのトグルスイッチをアクティブにします。
  3. 凡例の境界を287292に設定します。
  4. をクリックして、Colormap NameをRainbow Uniformに設定します。


    Figure 54.
  5. ガイドバーをクリックします。
  6. モデリングウィンドウの下部にあるアニメーションスライダーを31番面のフレームにドラッグします。


    Figure 55.

要約

このチュートリアルでは、太陽放射を伴うCFD解析を設定して解析する方法を知ることができました。まず、形状モデルをHyperWorks CFDにインポートし、シミュレーションパラメータと境界条件を設定しました。解析が完了した後、Postリボンで結果をポスト処理しました。