ACU-T:4201 結露と蒸発 - 空気ボックス

前提条件

このチュートリアルでは、湿度モデルを使用して閉じられた空気ボックスの過渡シミュレーションを実行する手順を説明します。このチュートリアルを開始する前に、HyperWorks 入門チュートリアルである ACU-T:1000 HyperWorksユーザーインターフェースをすでに完了し、とAcuSolveの基本を理解しているものとします。このシミュレーションを実行するには、ライセンス供与済みバージョンのHyperMeshおよびAcuSolveにアクセスできる必要があります。

このチュートリアルを実行する前に、ここをクリックしてチュートリアルモデルをダウンロードしてください。 ACU-T4201_Air_Box.hm をHyperMesh_tutorial_inputs.zipから抽出します。

HyperMeshデータベース(.hmファイル)には、メッシュ済みのジオメトリが含まれているため、このチュートリアルには、ジオメトリのインポートとメッシュ生成に関する手順は含まれません。

問題の説明

このチュートリアルで扱う問題は、Figure 1で図式的に示されています。ここでは、例として閉じられた空気ボックスの問題を取り上げて、AcuSolveを使用した湿度モデリング(結露と蒸発)の機能を確認します。主な目標は、相対湿度が70%である空気領域内で、温度変化に起因する底壁サーフェス上の水蒸気の蓄積と消失をシミュレートし、数値化することです。


Figure 1.
この領域では、空気が特定レベルの湿度にあると想定します。結露、蒸発、相対湿度、温度はすべて、露点温度に関係します。サーフェス温度が低下して露点温度を下回ると、その時点から結露が蓄積し始め、最終的に100%に達します。逆にサーフェス温度が上昇して露点に再び達すると、結露は蒸発し始めます。次の図では、結露と蒸発の全体的な定義を示しています。


Figure 2.

上のプロットから、空気ボリュームの初期温度は297.15Kに設定されていることがわかります。底壁の温度は、1秒間で285.13Kに低下し、1秒間285.13Kを保ち、1秒間で元の297.15Kまで上昇しています。70%の相対湿度における空気の露点温度は291.14Kであり、0.5秒と2.5秒の時点で露点温度に達しています。全体的に見ると、前述のとおり、露点温度に達したときに、結露と蒸発の両方が発生していることがわかります。

HyperMeshモデルデータベースを開く

  1. HyperMeshを起動し、AcuSolveのユーザープロファイルを読み込みます。
    User ProfilesからAcuSolveを選択する方法については、HyperMeshの入門チュートリアルACU-T:1000 HyperWorksユーザーインターフェースをご参照ください。
  2. 標準ツールバーのOpen Modelアイコン をクリックします。
    Open Modelダイアログが開きます。
  3. モデルファイルの保存先ディレクトリを参照します。HyperMeshファイルACU-T4201_Air_Box.hmを選択してOpenをクリックします。
  4. File > Save Asをクリックします。
    Save Model Asダイアログが開きます。
  5. 名前をAir_Box_Humidityとして新しいディレクトリを作成し、このディレクトリへ移動します。
    このディレクトリが作業ディレクトリになり、シミュレーションに関連するすべてのファイルがこの場所に保存されます。
  6. データベースのファイル名としてAir_Boxと入力するか、都合のいい名前を選択して入力します。
  7. 保存をクリックしてデータベースを作成します。

一般的なシミュレーションパラメータの設定

  1. Solverブラウザ01.Globalを展開してPROBLEM_DESCRIPTIONをクリックします。
  2. エンティティエディターで、タイトルとしてAir Boxと入力します。
  3. Analysis typeをTransientに設定します。
  4. Abs. temperature offsetを101325に設定します。
  5. Temperature equationをAdvective Diffusiveに変更します。
  6. Turbulence ModelをSpalart Allmarasに設定します。
  7. Humid Air ModelをOnに切り替えます。
    これは、Multiphase equationをAdvective Diffusiveに自動的に変更します。
  8. Global Gravityパラメータを以下の様に設定します。


    Figure 3.
  9. Solverブラウザ01.Globalの下の02.SOLVER_SETTINGSをクリックします。
  10. エンティティエディターで、Max time stepsを100に設定します。
  11. Initial time incrementを0.1に、その他のパラメータを以下に示すように設定します。


    Figure 4.

節点初期状態の設定

この手順では、温度と相対湿度の両方について、この問題の節点初期状態(NIC)を定義します。
  1. Solverブラウザ01.Globalの下の03.NODAL_INTIAL_CONDITIONをクリックします。
  2. Temperatureの初期値を297.15Kに設定します。
  3. Eddy velocityの初期値を0.0001m2/secに変更します。
  4. Relative Humidityの初期値を70に変更します。


    Figure 5.

材料モデルパラメータと物体力の設定

この手順では、この問題の材料特性を定義し、流体ボリュームに物体力を割り当てます。

材料モデルパラメータの設定

  1. Solverブラウザ02.Materials > FLUIDを展開してAir_HMをクリックします。
  2. エンティティエディターで、Material TypeをFLUIDに変更します(設定されていない場合)。
  3. Density typeをBoussinesqに設定します。
  4. Densityの値を下図のとおりに入力し、残りの材料パラメータはそのままにします。


    Figure 6.
  5. Solverブラウザで、Materialsの下のMULTIPHASEを展開してHumidAir_HMをクリックします。
  6. Material typeがMULTIPHASEに設定され、Filed Interaction TypeがAdvective Diffusiveに設定されていることを確認します。


    Figure 7.

物体力の設定

  1. Solverブラウザ03.Body_Force > BODY_FORCEを展開してGravity_HMをクリックします。
  2. Gravity in the Z directionを-9.81に設定します。


    Figure 8.

Multiplier Functionの作成

  1. Solverブラウザ05.Multiplier_Functionを右クリックしてCreateを選択します。
    MULTIPLIER_FUNCTION.1という新しい関数が作成されます。
  2. この関数の名前をTemp_MFに変更します。
  3. エンティティエディターで、Multiplier Function TypeをPiecewise Linearに変更します。
  4. Curves欄を右クリックし、Createを選択します。
  5. エンティティエディターで、名前をcurve_Temp_MFに変更します。


    Figure 9.
  6. 再び、Curvesを右クリックし、Plot Curvesを選択します。
    Curve editorウィンドウが開きます。
  7. 下図のとおりにデータを入力し、ウィンドウの左下にあるUpdateをクリックします。


    Figure 10.
  8. Closeをクリックしてプウィンドウを閉じます。

境界条件の設定

  1. ModelブラウザComponentsリストを拡張表示します。
  2. Fluidをクリックします。エンティティエディターで以下を設定します。
    1. TypeをMULTIPHASEに設定します。
    2. MaterialをHumidAir_HMに設定します。
    3. Element Outputで、Active Element OutputをOnに設定し、他のパラメータが下記のとおりに設定されていることを確認します。


    Figure 11.
  3. frontをクリックします。エンティティエディターで、TypeをSLIPに変更します。


    Figure 12.
  4. 同様に、backをクリックしてTypeをSLIPに変更します。
  5. leftをクリックします。エンティティエディターで以下を設定します。
    1. TypeをWALLに変更します。
    2. Temperature BC typeをFluxに設定します。


    Figure 13.
  6. 同様に、righttopをクリックし、これらのTypeをWALLに変更して、Temperature BC typeをFluxに設定します。
  7. bottomをクリックします。エンティティエディターで以下を設定します。
    1. TypeをWALLに変更します。
    2. Show advanced featuresをOnに設定します。
    3. Temperature BC typeをValueに設定します。
    4. Temperatureの値を1に設定します。
    5. Temperature multiplier functionをTemp_MFに設定します。
    6. Surface Outputで、Activate Surface OutputがOnに設定されていることを確認します。
      Note: このオプションをオンにすると、AcuProbeAcuTransのようなポスト処理プログラムを使用して、特定サーフェスの面積分出力を計算できます。


    Figure 14.
  8. モデルを保存します。

節点出力変数の設定

  1. Solverブラウザ17.Outputを展開してNODAL_OUTPUTをクリックします。
  2. エンティティエディターで、Time step frequencyを5に設定します。
  3. Output initial conditionチェックボックスをアクティブにします。


    Figure 15.

解析計算

この手順では、HyperMeshからAcuSolveを直接起動して解析を完了します。

  1. すべてのメッシュコンポーネントの表示をオンにします。
    解析を実行するには、アクティブなすべてのコンポーネントのメッシュを可視化した状態にする必要があります。
  2. ACUツールバーの をクリックします。
    Solver job Launcherダイアログが開きます。
  3. Optional: 解析時間を短縮するには、使用可能なプロセッサの数に応じて、使用するプロセッサの数に大きい値(4または8)を設定します。
  4. Output time stepsがAllに設定されているのを確認します。
  5. 他のオプションはデフォルト設定のままにし、Launchをクリックして解析プロセスを開始します。


    Figure 16.

HyperGraphによる解析のモニター

HyperGraphを使用して、解析時間におけるさまざまな変数をモニターできます。
  1. グラフィックス領域の左下隅にあるクライアントセレクターをクリックし、HyperGraph 2Dを選択します。


    Figure 17.
  2. HyperGraphインターフェースが読み込まれたら、パネル領域のをクリックして、使用中の作業ディレクトリから結果ファイルを選択します。
    この例で選択するファイルは、Air_Box.1.Logです。
  3. X TypeがTimeに設定されていることを確認します。
  4. Y TypeをTemperature (surface)に、Y Requestをbottomに設定します。
  5. Y Componentにtemperatureを選択します。


    Figure 18.
  6. Applyをクリックします。


    Figure 19.
  7. 同様に、同じサーフェスグループ - bottomのRelative_humidity や Dewpoint_temperature などの他の変数もプロットします。


    Figure 20.


    Figure 21.

HyperViewによる結果のポスト処理

HyperViewのオープンとモデルおよび結果の読み込み

  1. HyperMeshのメインメニュー領域で、Applications > HyperViewを順にクリックします。
    HyperViewウィンドウを読み込むと、デフォルトでLoad model and resultsパネルが開きます。このパネルが表示されない場合は、File > Open > Modelの順にクリックします。
  2. Load model and resultsパネルで、Load modelの隣にある をクリックします。
  3. Load Model Fileダイアログで、作業ディレクトリに移動して、ポスト処理する解析実行のAcuSolve .Logファイルを選択します。この例で選択するファイルは、Air_Box.1.Logです。
  4. Openをクリックします。
  5. パネル領域Reader Optionsをクリックします。
  6. ダイアログで、ReaderをAcuSolve Result Readerに、Extended nodal output optionをNoを設定します。


    Figure 22.
  7. Applyをクリックしてダイアログを閉じます。
  8. パネル領域Applyをクリックしてモデルと結果を読み込みます。
    読み込むと、モデルが形状で色分けされます。

断面上のコンターの作成

この手順では、断面上での温度、相対湿度、および露点温度のコンターを作成します。
  1. これは過渡ケースであるため、最後の時間ステップにおける結果をプロットする必要があります。このためには、ResultsブラウザでTimeドロップダウンメニューをクリックし、リスト内の最後のオプションを選択します。


    Figure 23.

    ここでは、最後の時間は10秒です。

  2. 新しい断面を作成するには、Resultsブラウザで、右クリックし、コンテキストメニューからCreate > Section Cut > Planarを選択します。
    Section Cuts見出しに、新しいエンティティSection 1が作成されます。
  3. Section 1を右クリックして、コンテキストメニューからEditを選択します。
  4. Section cutパネルで、Define planeをZ Axisに変更します。
  5. Display optionsでCross sectionオプションを有効にします。
  6. Clip elementsオプションがアクティブになっていることを確認します。
  7. Applyをクリックします。
  8. Define planeスライダーバー(Z Axisボタンの下)を動かして、断面の位置を選択します。


    Figure 24.


    Figure 25.
  9. Standard Viewsツールバーの をクリックすることで、xy平面を正面から見た表示にします。
  10. ResultsツールバーでをクリックしてContourパネルを開きます。
  11. パネル領域で、Result typeをTemperature (s)に変更します。
  12. Componentsエンティティセレクターをクリックします。Extended Entity Selectionダイアログで、Displayedを選択します。
  13. Applyをクリックします。
  14. Displayタブで、Discrete colorオプションをオフにします。


    Figure 26.


    Figure 27.
  15. Result typeをRelative_humidity (s)に変更して、XY平面上の相対湿度のコンターを表示します。


    Figure 28.
  16. Result typeをDew_Point_Temperature (s)に変更し、てXY平面の露点温度コンターを表示します。


    Figure 29.
  17. これらのプロットをイメージファイルとして保存します。
    1. Image Captureツールバーで、Save Image File/Clipboardアイコン(/)を に切り替えます。
    2. Capture Graphics Areaアイコンをクリックします。
    3. ダイアログでイメージの名前を指定して、Saveをクリックします。
      Note: プレゼンテーションでイメージを使用する場合は、Save Image to File/Clipboardアイコンを ではなく に切り替えることにより、イメージをクリップボードにコピーすることができます。その後で、イメージをプレゼンテーションに貼り付けます。

要約

このチュートリアルでは、HyperMeshAcuSolveを使用し、過渡多相流問題を設定して解析するための基本的なワークフローを体験しました。また、湿度モデルを使用して、温度変化に起因する底壁サーフェス上の水蒸気の蓄積と消失を数値化する方法も知ることができました。HyperGraphで解が計算された後に、HyperViewで結果をポスト処理し、コンタープロットを作成しました。